ここ数か月の活動はこちら


10月19日

10月のお茶会が終わりました。

新しく参加された方も含めて、5名の参加。

みんなで意見や感想を話しながら、

それぞれの不安や悩みを共有しました。

 

子育ての環境やノウハウはいろいろ。

だからこそ、話して支えあうことが出来るのかも。

 

午後は個別のお茶会に予約もいただいて、

じっくりとお話をうかがいました。

 

みなさんの人生の一部分に

関わらせて頂いた貴重な一日でした。

 

10月15日

不登校・登校拒否と向き合う親の会 はるにれの会
25周年記念特別講演会

「大好き!」を伝える子育て
講師 精神科医 明橋 大二先生

11月17日(土曜日) 18:30~20:30(開場18:00)
とかちプラザ2階レインボーホール
入場無料 申し込み不要

に、先立って開催されるパネル展へ参加させていただくべくinfantのパネルを届けて参りました。

 

10/15~22  帯広市保健福祉センター

10/22~29  藤丸8階 市民活動交流センター

10/29~11/4 帯広市役所1階 市民ホール

11/4~13   帯広百年記念館   

11/13~17   とかちプラザ アトリウム                 ぜひご覧ください!!!

 

 

10月5日

第42回 十勝特別支援教育研究大会にて、

    (主催)十勝特別支援教育振興協議会

第3分科会「保護者の思いを学ぶ」を

担当させていただきました。

 

息子の育ちのほか、「保護者の気持ち」と題し、

保護者の心理状態や、先生への思い。infantで保護者から語られてきた本音の数々をご紹介しました。

 

そして、月日と共に変化する保護者の気持ちも

お話しさせていただきました。先生方と身近にお話しすることが出来て勉強になりました。

 

<講演>

「社会を”いきる”~子どもたちから教わったこと~」 

講師 羽幌町健康支援課保健係主査 臨床心理士 福嶋 匡洋氏

 

 

10月2日

 

 北海道帯広市立 森の里小学校 里の子学級で

息子の育ちを紹介させていただきました。

 

まさに進行形で小学校と関わる保護者の方、

先生方、校長先生にもお会いすることが

できました。

 

人生、いつでも重要ですが、

小学校時代は基本になる大切なとき。

身近にお話し出来て、とても嬉しかったです。

9月24日

infant主催の講演会「親の力とは?」が無事に終了いたしました

32名ご参加いただきました

 

「なぜ親の力にこだわるのか」 親への怨みから解放され子育てに向き合うまで/子育て・infantへの想い

 「運転しない人生もある」 運転免許証は取得したけれど、運転しないことを選ぶまで/2年間の家族の葛藤

 

北海道新聞、十勝毎日新聞に、記事が掲載されました


9月21日

 

9月のお茶会を開きました

そして、

講演会のPRで、FMJAGAさんに出演させて頂きました

 

3ヶ月ぶりのお茶会。

10名も参加がありました。

 

この夏の親子の関わりや不安なこと。

聞いて~~~~

という気持ちを、

激しく頷きながら聞く仲間がいました。

 

JAGAさんでは、10分間も喋ってました!

ありがとうございます。

一人でも多くの方に届いていますように。

 

9月3日

お茶会の会場をお借りしている

ロゴスホームエルミナさんが改装終了!

 

HPのために写真をたくさん写してきました。

4棟とも見てきましたよ。

 

素敵すぎて、大興奮です。

ブログでも、1棟ずつご紹介します。

6月15日

6月のみんなのお茶会を開きました

 

みんなのお茶会には7名の参加をいただきました

写真は、今月お借りしたショールームです

くつろぎの空間で、テーブルを囲みました

 

学校のために朝起こす難しさ。

行かなきゃいけないわけじゃないけど、

好きなように寝かしておくわけにも…

悩みは尽きません

 

 


5月18日

5月のみんなのお茶会と 個別のお茶会を開きました

 

みんなのお茶会には5名の参加をいただきました

個別のお茶会も、2枠ともご予約をいただきました

ありがとうございます

 

話の様子などは、ブログをご覧ください