障害名が付く、付かないにかかわらず

子供の生きにくさに気が付くことが出来ること

今なにが必要かを考えること

分からないこと、出来ないことは助けを求めること

それが子供の育つ環境を整える力と考えます。

 

それを「親力(おやぢから)」と呼び、

親力をつけることを目標にしています。

お茶会で自由に語り、ブログを自由に見て、

「どうしていいか分からないこと」を

少しずつ解決していきませんか? 

 








5月17日

 

5月のお茶会が終わりました。

 

大人7名+姫ちびちゃん1名の参加でした。

学校へ行こうが、自宅で過ごそうが、

それぞれが頑張っているんだよね。

子供の気持ちがいちばん大切。

でもそれを理解する母の気持ちも大切だよねって

気持ちを共有。

 

会場をお借りする都合で、ロゴスホームさんでの

お茶会は今月で終わりになりました。

大変お世話になりました。

 

 


5月11日

 

北海道足寄郡陸別町で活動されている

「ピアサポートつながり」さんにお招きいただき

出張お茶会をしてきました!

 

初めてお会いしたとは思えないほどの盛り上がりで、

涙あり大笑いありの楽しい時間でした。

地域性はあるけれど、悩みは似たり寄ったりで。

わが家の話も聞いてもらって、私が癒してもらいました。

 

またお会いできることを楽しみにしています!!

(ブログの方で、もう少し詳しくご紹介しています)


4月19日

 

4月のお茶会が終わりました。

10名の大人と1名のお子様が来て下さいました!

 

対象のお子さんの年齢幅が広いのが、最近の

infantの特徴ですが、今日も2歳から30代まで。

 

保育園・幼稚園時代から、社会人まで、

悩みは共通するから不思議。

いろんな年代の保護者が、お互いに励ましあい

頷きあうという、温かい時間でした。

 

午後からは、個別のお茶会もありました。

 

3月15日

 

3月のお茶会が終わりました。

6名の参加で、ここ数か月では少なめでしたが、

ゆっくり話すことが出来たかと思います。

 

卒業、入学のシーズンですね。

入学の悩みや、思い出。

普段の何気ない会話でも、イラつく事ってあるよね!!

と、笑いつつ、励ましあいつつ、

あっという間の2時間でした。

 

ちびちゃんも来てくれて和みましたよ~。

 


電子書籍の紹介

自閉スペクトラム症 20歳男子こんな風に育ててきました

 

2017年5月28日に

インターネット通販サイト Amazonのkindleより出版しました。

 自閉スペクトラム症は、100人いれば100通り。

これはノウハウ本ではありません。

自分の子育て・担当する子供への対応を「どうしたらいいだろう?」

と考えるキッカケになれば嬉しいです。

 

全10章の中に、産まれた瞬間から20歳になるまでの泣き笑いが詰まっています。

3歳で発達にチェックが入り、18歳で就職します。

本当にあった物語を、どうぞご覧ください